利休蔵の歴史

始まりは明治三十二年
長年引き継がれてきた
利休蔵の歩み

明治32年

創業。

平成25年

創業から平成25年まで114年間、東区にて酒造。

平成26年

12月
堺市堺区北花田口町で清酒製造を開始 。

平成27年

2月
新酒第一号完成。「千利休」の誕生 。
4月
堺市優良観光みやげ品に認定される。堺市伝統産業会館にて販売開始される。

平成28年

8月
北花田口町から甲斐町西3丁(現在地)へ移転。

平成30年

4月
堺市ふるさと納税返戻品として認定される。

平成31年

2月
G20大阪サミッ トにお神酒として認定され、出品する 。

令和元年

9月
「百舌鳥・古市古墳群」が世界文化遺産に登録となり、それを記念し「世界文化遺産登録記念 特別純米酒」発売開始 。
12月
「有限会社 利休蔵」に改名。

令和2年

5月
厚生労働省・国税庁からの指示により、新型コロナウイルス対策として手指消毒用エタノールの取り扱いを開始 。

7月
手指消毒用エタノールを、堺市危機管理室・医療機関・教育施設へ寄贈。

8月
大学醸造研究所と提携し、新商品シリーズ(抹茶リキュール)の研究開発を開始。

10月
利休蔵直営店第1号オープン。

明治32年
平成27年
平成31年
令和2年