堺で、ただひとつの造り酒屋です。

               動画のご案内①                

利休蔵の情報を動画でご案内します。

                   動画のご案内①                                      

利休蔵の情報を動画でご案内します。





素材へのこだわり

千利休を造り出す厳選された素材
米にこだわり、水にこだわる

素材へのこだわり                    

千利休を造り出す厳選された素材
米にこだわり、水にこだわる

米は兵庫県産の山田錦を使い、仕込み水は地元、大阪の金剛山系の湧き水を使用。                             
堺の酒造業の始まりは中世・室町時代といわれ、江戸時代の初めには京、大坂、奈良と並んで、堺は全国的な酒どころとして聞こえていました。当時、酒好きの江戸っ子たちに“下り酒”としてもてはやされた上方の酒を運んだのも、やはり堺の商人が考案した「菱垣廻船」です。

明治以降も、堺の酒造業者の鳥井駒吉(現アサヒビールの創始者)が瓶詰め酒を考案し(それまで日本酒はすべて樽詰め・小売りは量り売り)、流通の革新に貢献。また、醸造改良試験所や醸造組合も堺の酒造業者が他に先駆けて設立するなど、日本酒の普及、業界の発展を牽引してきました。

ところが、堺の酒造業は大正時代をピークに、昭和に入ってから下降を続け、明治13年には95軒もあった蔵元が昭和8年には24軒まで減少し、昭和46年を最後に堺の酒づくりの火は消えてしまいました。

利休蔵の歴史

ご存知でしょうか。
かつて堺が日本有数の酒どころであったことを。

現在、堺の製造業といえば、刃物や自転車、線香、和ざらし、手織段通などが知られています。しかし、大正時代までは堺の製造業の第一位を酒造業が占めていたことを知る人は、もうほとんどいません。

堺の酒造業の始まりは中世・室町時代といわれ、江戸時代の初めには京、大坂、奈良と並んで、堺は全国的な酒どころとして聞こえていました。当時、酒好きの江戸っ子たちに“下り酒”としてもてはやされた上方の酒を運んだのも、やはり堺の商人が考案した「菱垣廻船」です。

明治以降も、堺の酒造業者の鳥井駒吉(現アサヒビールの創始者)が瓶詰め酒を考案し(それまで日本酒はすべて樽詰め・小売りは量り売り)、流通の革新に貢献。また、醸造改良試験所や醸造組合も堺の酒造業者が他に先駆けて設立するなど、日本酒の普及、業界の発展を牽引してきました。

ところが、堺の酒造業は大正時代をピークに、昭和に入ってから下降を続け、明治13年には95軒もあった蔵元が昭和8年には24軒まで減少し、昭和46年を最後に堺の酒づくりの火は消えてしまいました。

利休蔵の歴史

ご存知でしょうか。
かつて堺が日本有数の酒どころであったことを。

利休蔵の杜氏

杜氏の酒造りへの熱い想い。
伝統と歴史、そして未来へ。

利休蔵の杜氏                  

杜氏の酒造りへの熱い想い。
伝統と歴史、そして未来へ。

地元・堺で日本酒を復興させた杜氏。 その杜氏の酒に懸ける想いが千利休の美味しさの秘訣です。 

堺の酒造業の始まりは中世・室町時代といわれ、江戸時代の初めには京、大阪、奈良と並んで、堺は全国的な酒どころとして聞こえていました。当時、酒好きの江戸っ子たちに“下り酒”としてもてはやされた上方の酒を運んだのも、やはり堺の商人が考案した「菱垣廻船」です。

明治以降も、堺の酒造業者の鳥井駒吉(現アサヒビールの創始者)が瓶詰め酒を考案し(それまで日本酒はすべて樽詰め・小売りは量り売り)、流通の革新に貢献。また、醸造改良試験所や醸造組合も堺の酒造業者が他に先駆けて設立するなど、日本酒の普及、業界の発展を牽引してきました。

利休蔵の日本酒

堺にただひとつだけの造り酒屋 利休蔵の日本酒を
多くのみなさんに楽しんで欲しい。

純米大吟醸酒『酣楽酒』
千利休 純米酒
千利休 純米吟醸酒
百舌鳥・古市古墳群
利休蔵の日本酒                    

堺にただひとつだけの造り酒屋
利休蔵の日本酒を多くの皆さんに楽しんで欲しい。

               動画②                

タレント吉川亜樹さんによる紹介動画。

                   動画②                                      

タレント吉川亜樹さんによる紹介動画。