新着情報

2017-06-01

当社の商品が、堺観光コンベンション協会が発行する堺市の優良観光みやげ品の紹介冊子に掲載されました。堺の色々なおみやげ品、和菓子や、線香や、刃物や、てぬぐいも、ほかにも沢山の良い物が紹介されています。冊子は観光案内所にも置いてありますが、サイトからデジタルブックで見たり、もしくはダウンロードもできます。

http://www.sakai-tcb.or.jp/souvenir/index.html#pamph

 

--------------------------------------------------------

「堺市優良観光みやげ品」は、当協会(堺観光コンベンション協会)が推奨する和菓子、刃物、線香、昆布をはじめとした境を代表する観光みやげ品を取りそろえました。堺の匠の品々をおみやげにご進物にどうぞ。(冊子 p1より)

--------------------------------------------------------

 

当社の商品が掲載されるなんて、とても光栄です。

これからも「酒どころ堺」の歴史と伝統を受け継いで、おいしいお酒つくりに専心したいと思います。

続きを読む

2017-05-20

新天地でスタートした平成28酒造年度のお酒の仕込みですが、本日5/20、無事に仕込みを終えて甑倒しとなりました。

写真はお米を蒸すための甑(こしき)という装置で、洗って浸けて水分を吸わせた酒米を、ボイラーからの蒸気で1時間以上かけて蒸し上げるための、大型の蒸籠(せいろ)のような蒸し器です。そして「甑倒し(こしきたおし)」とは、今期のお酒の仕込み作業がここで終了することから、お米を蒸すのもこれにて終わりという意味なのです。

10月の最初の米洗いから約7ヶ月、我々と共に頑張ってくれた甑くん、お疲れさまでした❗ 甑くんは、来期の米を蒸す出番までしばらく休憩です。
これでお酒の仕込みはいったん区切りですが、仕込まれた醪(もろみ)は約1ヶ月かけてじっくり発酵し、搾られるのを待っています。搾りきるまで、まだまだ気は抜けません。
最後の仕込みはなんと!磨きに磨いた精米歩合28%で、かなりの高精白な酒米での仕込みとなりました。
28%、どんなお酒が出来るのか楽しみです♪

 

続きを読む

2017-05-09

5/14(日)と5/23(火)に、大阪は堺市の伝統産業の体験や学習、展示・販売を行っている堺伝統産業会館にて、弊社のお酒「千利休」をより多くの方に知ってもらおう、味わってもらおうということでお酒の試飲イベントを行います。堺のお酒「千利休」を味見しに来てください。

 

5/14(日) 13時ごろ~16時ごろまで

5/23(火) 13時ごろ~16時ごろまで

堺伝統産業会館

堺市堺区材木町西1丁1-30

http://www.sakaidensan.jp/

 

当日は、堺のお酒「千利休」の製造スタッフが直接対応しますので、日本酒造りのあれやこれや、堺の酒造業の歴史なんかも聞いてみてください♪

続きを読む

2017-04-28

暖かくなってすっかり春になりましたが、まだ、お酒の仕込みは続きます。

 

本日はお酒の仕込み工程のうちの「中添え」の仕込みでした。

IMG_0064.JPG

お酒は3段仕込みといって、3回の工程に分けて仕込みます。もともと日本酒は、お米とお水を混ぜあわせて酵母という微生物によって発酵させた「醪(もろみ)」を袋などの布で漉して搾ることによって造られます。3段仕込みとはこの醪を造る工程で、麹と蒸米とお水を3回に分けて、徐々に量を増やしていく加えていくことから3段仕込みと呼ばれます。

蒸しあがったお米は、熱々のうちにスコップで掘り出して、平らに広げてさらして目標となる温度まで冷まします。

IMG_0251.JPGIMG_0206.JPG

じっくりと時間と手間ひまかけて育てることで、きれいで美味しいお酒になるのです。

 

まだしばらくはお酒の仕込が続きそうです。

続きを読む

2017-04-26

堺に特化した濃ぃ~内容のガイドブック、『堺を歩けば。』に堺のお酒と当社のことを載せていただきました。

明治や昭和の堺のお酒のアレやコレやに始まり、いったんは無くなってしまった堺の酒造りを、いろいろあって復活させた当社のいきさつなど、けっこう濃い内容です。

一般書店をはじめ、ネット書店やコンビニなど堺市内を中心に全国発売してるとのことです。

『堺を歩けば。』 ¥880 株式会社140B(イチヨンマルビー)

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7