新着情報

2017-07-03

これからの柱となるお酒、ついに発売です。

千利休 純米吟醸酒、7/3から発売です。
原料のお米に、兵庫県産の山田錦(精米歩合55%)を使い、協会9号酵母で丁寧に醸した純米吟醸酒です。今回発売のロットは、昨年末に搾ったお酒を火入れして瓶詰め貯蔵したものを、春を迎えてタンクに開け替え、再度火入れして瓶詰めしました。約半年の熟成期間と、二度の火入れにより落ち着いた香りと味わいになりました。堺の御酒「千利休」、贈り物にも、食卓にも、特別なハレの日にも、普段の日常にも、満を持してのデビューです。お待たせしました。
  千利休 純米吟醸酒
  アルコール分 16度
  兵庫県産山田錦を100%使用
  精米歩合 55%
  酵母 協会9号酵母

  価格 720ml=¥2500(箱あり、税込)
     1.8㍑=¥5000(箱あり、税込)

続きを読む

2017-06-10

堺のスーパーマーケット「サンプラザ」が主体となって、毎年開催している市民公開フォーラムがあります。毎年多彩なテーマに、親子参加型のイベントとして、試食コーナーや体験イベント、産直販売などを行っています。

今年のテーマは「麹(こうじ)」。

日本人の食卓には欠かせない、お醤油やお味噌、さらにはお酢や味醂、もちろん日本酒にも麹が使われています。日本酒を造っている当社も是非とも参加したいということで、第1部の午前中の親子で楽しむ食育イベントでは甘酒の試食サービスを、午後の公開フォーラムのパネルディスカッションではパネラーとして参加いたします。楽しく食について考える一日になってほしいです。

 6月17日(土)10:30~16:30

 美原文化会館(堺市美原区黒山167-1)にて

pdf forum2017.pdf (1.66MB)

http://www.super-sunplaza.com/forum2017/forum2017.pdf

参加の申し込みは、こくちーず(下記URL)からお申し込みください。

http://kokucheese.com/event/index/467355/

沢山のご参加をお待ちしてます!

 

続きを読む

2017-06-09

NHKラジオ第一で放送される「ふるさと自慢、うた自慢♪」の公開収録に参加してきました!

この番組は、ゲスト歌手をリーダとする地元の男性チームと女性チームが、ふるさとの良さをPRしてさらにカラオケで歌も披露するという、公開収録方のステージショーなんです。今回の会場は、堺市美原区の美原文化会館「アルテベル」。男性チームのゲスト歌手は吉幾三さん、女性チームのゲスト歌手は秋元順子さん、そして、そして、男性チームの中に当社も参加いたしました!

その昔堺が日本有数の酒どころであったこと、昭和40年代に最後の酒蔵が閉まってから、紆余曲折を経て堺に酒つくりが復活し、当社が堺で唯一の日本酒の造り酒屋であること…そして最後にはカラオケ「おふくろさん/森信一」でしめくくり!吉幾三さんと秋元順子さんに、当社のお酒をステージ上で飲んでいただいて、ご満悦の様子でした。

放送は、

  • 7月29日(土)16:05~16:55(NHKラジオ第1)…第1部
  • 8月5日(土)16:05~16:55(NHKラジオ第1)…第2部

 

 

続きを読む

2017-06-01

当社の商品が、堺観光コンベンション協会が発行する堺市の優良観光みやげ品の紹介冊子に掲載されました。堺の色々なおみやげ品、和菓子や、線香や、刃物や、てぬぐいも、ほかにも沢山の良い物が紹介されています。冊子は観光案内所にも置いてありますが、サイトからデジタルブックで見たり、もしくはダウンロードもできます。

http://www.sakai-tcb.or.jp/souvenir/index.html#pamph

 

--------------------------------------------------------

「堺市優良観光みやげ品」は、当協会(堺観光コンベンション協会)が推奨する和菓子、刃物、線香、昆布をはじめとした境を代表する観光みやげ品を取りそろえました。堺の匠の品々をおみやげにご進物にどうぞ。(冊子 p1より)

--------------------------------------------------------

 

当社の商品が掲載されるなんて、とても光栄です。

これからも「酒どころ堺」の歴史と伝統を受け継いで、おいしいお酒つくりに専心したいと思います。

続きを読む

2017-05-20

新天地でスタートした平成28酒造年度のお酒の仕込みですが、本日5/20、無事に仕込みを終えて甑倒しとなりました。

写真はお米を蒸すための甑(こしき)という装置で、洗って浸けて水分を吸わせた酒米を、ボイラーからの蒸気で1時間以上かけて蒸し上げるための、大型の蒸籠(せいろ)のような蒸し器です。そして「甑倒し(こしきたおし)」とは、今期のお酒の仕込み作業がここで終了することから、お米を蒸すのもこれにて終わりという意味なのです。

10月の最初の米洗いから約7ヶ月、我々と共に頑張ってくれた甑くん、お疲れさまでした❗ 甑くんは、来期の米を蒸す出番までしばらく休憩です。
これでお酒の仕込みはいったん区切りですが、仕込まれた醪(もろみ)は約1ヶ月かけてじっくり発酵し、搾られるのを待っています。搾りきるまで、まだまだ気は抜けません。
最後の仕込みはなんと!磨きに磨いた精米歩合28%で、かなりの高精白な酒米での仕込みとなりました。
28%、どんなお酒が出来るのか楽しみです♪

 

続きを読む

1 2 3 4 5 6